Event is FINISHED

Lisra 人流データ活用フォーラム

Description

Lisra 人流データ活用フォーラム
 ~ 「おもてなし」のための人流情報の活用を目指して ~

情報技術の進展により、WiFiやBLE、 カメラやスマートホンアプリなどを用いた人の流れの情報が活用できるようになりつつあります。位置情報サービス研究機構(Lisra)では、これまで、 様々な屋内位置情報サービス実証実験のとりまとめを行うだけでなく、 O2Oデジタルマーケティング研究会や人流データの分析などの活動も進めてきました。

今回は、高まりつつある人流情報を「おもてなし」 のためにどのように使えるのか、また、 どのような取り組みが今後必要か、といった観点から、 様々な識者にお集まりいただき、フォーラムを開催します。
ぜひ、ご参加ください。

日 時: 平成31年6月6日(木)14:30~18:30(14: 00受付開始)
会 場: TIME SHARING秋葉原 (奥山ビル8階)
    東京都千代田区外神田1-15-18 (  https://www.instabase.jp/ space/1728151425/catalog  )
主 催: NPO法人 位置情報サービス研究機構(Lisra)
     中部おもてなしプラットフォーム研究会
共 催: JST CREST (異種ドメインユーザの行動予測を可能にするペルソナモデルの転移技術)
参加費: Lisra 会員 無料, Lisra 非会員 2000円, (教員・学生は Lisra 会員(無償)になれば無料です)

終了後懇親会

参加申込み: Peatix もしくは forum2019@lisra.jp までメールでご連絡ください。

プログラム:

14:00  開場
14:30  ごあいさつ
     位置情報サービス研究機構 代表理事 河口 信夫

14:40-15:20 講演
   「コロプラおでかけ研究所の取り組みについて」  
      株式会社コロプラ おでかけ研究所事業部 事業部長 酒井 幸輝
  講演概要:
    サービス開始以降、北陸新幹線開業、大河ドラマ放映効果、 東京オリ・パラ
   の交通対策に至るまで、150を超える様々な官公庁の調査事業を受託し、地域・
   都市課題と向き合ってきたおでかけ研究所が提供しているサービスの内容と導
   入事例をご紹介します。

15:20-15:50 講演
   「人流情報から見えるユーザーの姿や行動類型について」
      レイ・フロンティア株式会社  CCO 澤田 典宏 
  講演概要:
    2014年10月から運営を始めたライフログアプリ『SilentLog』。スマート
   フォンの各種センサーから収集した人流情報から、現在はどこまでがわかるよ
   うになっているのか。また人流の分析から、どのように人の行動傾向は分類で
   きるのか。本講演では、弊社が進めている様々な分析事例を元に、これら人流
   情報分析の今をお話しすると共に、それらの分析を進める上で課題となるもの
   は何かについても提示します。

15:50-16:20 講演
   「JRISSにおけるWi- Fiパケットセンシングによる人流計測の事例紹介」
      株式会社 社会システム総合研究所 主任研究員 望月 祐洋

16:10-16:40 講演
   「いますぐできるIoTによるSCの課題解決
      ~ Wi-Fi を活用した潜在顧客の 回遊行動分析の最新事例~」
      株式会社 構造計画研究所 IoEビジネス推進部 人間行動工学室 室長 三宅 隆喜(当日発表者)
      株式会社ピーアンドディコンサルテインング 開発事業本部 マネージャー 山本喬
  講演概要:
    SC(ショッピングセンター)内のお客様の回遊行動を計測・分析した実例と
   して、UNICUS(ウニクス)南古谷での実施内容についてテナント名称やデー
   タを一切加工することなく、そのままのリアルなデータでご紹介します。
   回遊行動分析はSCの付加価値向上に繋がるテナント配置やプロモーション施策
   の効果検討に非常に有効な手段です。

16:40-17:10 講演
   「創造的で持続可能な位置情報データの利活用をめざして
        ~ブログウォッチャーの取り組み事例~」
      株式会社ブログウォッチャー カスタマーサクセスグループ 山下 大介
  講演概要:
    位置情報データの活用により、スマートフォンでの顧客体験向上から広告配
   信まで、ユーザーのちょうどいい間(ま)=マイクロモーメントを見極め、情
   報を届け、測定する、マーケティングの一連のプロセスが格段に高まってきて
   います。一方、データを取り扱う企業が、データ提供者のプライバシーにどの
   ようなスタンスで取り組んでいくかが、データの利活用を持続的に進めていく
   ためには不可欠となってきています。
    位置情報データ流通のプラットフォーム事業を主軸とするブログウォッチャー
   での取り組みについてご紹介致します。


[休憩]

17:20 パネルディスカッション
   「人流データを用いた「おもてなし」について(仮題)」
   司会:位置情報サービス研究機構 代表理事 河口 信夫
   パネリスト:
      コロプラ おでかけ研究所事業部 事業部長 酒井 幸輝
      レイ・フロンティア  CCO 澤田 典宏
      ブログウォッチャー カスタマーサクセスグループ 山下 大介
      構造計画研究所 IoEビジネス推進部 人間行動工学室 室長 三宅 隆喜
      Koozyt 株式会社 取締役 塩野崎 敦

18:30 閉会
(終了後、19:00 より会場近くにて懇親会を予定)



【講演者プロフィール】


酒井 幸輝
株式会社コロプラ おでかけ研究所事業部 事業部長
インターネット広告業界における管理部門経験を経て、 2010年2月に株式会社コロプラに入社。
2011年3月の東日本大震災を機に位置情報ビッグデータを活用 した新規事業を立ち上げ、各種ビッグデータ分析・調査サービス事業を管掌するとともに、 観光振興や交通分野のEBPM(データを基にした政策立案)普及・啓もう活動を行っている。 経営管理修士(専門職)。



澤田 典宏
レイ・フロンティア株式会社  CCO  
1988年よりビデオゲームの企画/管理職として、最大で50名を越える事業部を率いて、60タイトル超の製品を開発。ゲーミフィケーションへの知見も深く、日経主催の講演など多数。その知見を活かした教育系アプリが2014年のApp Storeベストアプリに選出される、SilentLogが常にApp Store上に選出表示されるなど、ゲーム以外のアプリデザインでも実績を残す。グロービス経営大学院MBA。米国PMI認定PMP。 愛知県出身。


望月祐洋
株式会社 社会システム総合研究所 主任研究員



三宅 隆喜
株式会社 構造計画研究所 IoEビジネス推進部 人間行動工学室 室長
人の行動データを計測、分析する「人流計測ビジネス」の立ち上げに加わり、
現在はマーケティング兼事業推進担当として、センシング技術やデータの活用に関する
コンサルティングおよび新規事業創出に従事。



山下 大介
株式会社ブログウォッチャー プロファイルパスポート事業部 開発本部 カスタマーサクセスグループ責任者
インターネット系のベンチャー企業から上場企業まで、数社での事業開発経験を経て、
2018年4月より現職。位置情報データ流通のプラットフォーム事業を主軸とするブログ
ウォッチャーで、データー提供企業とのパートナーシップ推進と持続可能なデータの利
活用を進める為のプライバシールールの整備等を担う。




河口 信夫
名古屋大学大学院工学研究科卒。
名古屋大学助手・准教授等を経て2009年より名古屋大学教授。
専門は位置情報サービス、ユビキタス・コンピューティング、行動センシングなど。
大学発ベンチャーに加え、行動センシングのためのデータ収集コンソーシアムHASCや
位置情報サービスのためのNPO法人位置情報サービス研究機構(Lisra)を設立し、
先端的な情報技術の実社会への適用を目指し、オープンデータの活用なども含めた
様々な活動を推進している。




Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#439316 2019-05-31 03:07:09
More updates
Thu Jun 6, 2019
2:00 PM - 6:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
TIME SHARING秋葉原
Tickets
Lisra会員 FULL
Lisra非会員 SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都千代田区外神田1-15-18 奥山ビル8F Japan
Organizer
Lisraシンポジウム事務局
434 Followers